ふと今日自分のページの写真をクリックしたら
lightboxはちゃんと動作しないし
かつ写真が大きすぎてひどいことになっていました・・・

iPhone4だと画像のサイズが2592×1936もあるので
普通に画面に収まりません(つд⊂)

かといって一つ一つ縮小してったんじゃ面倒でしょうが無いので
複数画像ファイルを一辺に縮小できるようなツールを探してみました。

そして見事要件にあったツールがこれ!
縮小専用+拡大専用
ドラッグ&ドロップで複数のJPEG,GIF,PNG,TIFF,BMPをキレイに縮小・キレイに拡大・回転・補整してくれます。
しかもWindows7でも動作します。

使い方はいたって簡単。DLしてインストール。
※ここでJwordプラグインとかのインストールしますか?
って聞かれますが全部インストールしなくても問題ないです。
#てかJWordはかなりウザイので入れない方がいいかもwあれはもはや嫌がらせとしか思えない・・・

で、起動した画面がこちら!
kakushuku
















もう、説明の必要が全く無いくらい分かりやすい画面ですねw
色々設定して、緑の部分に画像をドラッグすれば勝手に変換してくれます。複数ファイルいっぺんに入れても問題ないです。

これはらくちん。
しかも、Exif情報(※1)とか気にしてる方は縮小しちゃえば消えるんで安心ですね。

今のままじゃ見難いので
これからはちょっと縮小して載せるようにします・・・w

(※1) 写真についてるメタデータで
撮影した機種、日時とか、設定してれば撮影位置とかが画像に埋め込めるんです。
例えばiPhoneで撮った写真のExifを見てみると・・・

# Exposure Time (1 / Shutter Speed) = 1/15 second ===> 0.06667 second
# Lens F-Number / F-Stop = 12/5 ===> ƒ/2.4
# Exposure Program = normal program (2)
# ISO Speed Ratings = 125
# EXIF Version = 0221
# Original Date/Time = 2010:07:06 12:29:44
# Digitization Date/Time = 2010:07:06 12:29:44
# Components Configuration = 0x01,0x02,0x03,0x00 / YCbCr
# Shutter Speed Value (APEX) = 4889/1250
Shutter Speed (Exposure Time) = 1/15.04 second
# Aperture Value (APEX) = 4845/1918
Aperture = ƒ/2.4
# Metering Mode = average (1)
# Flash = Flash did not fire, auto mode
# Focal Length = 77/20 mm ===> 3.85 mm
# Subject Location = 1295,967,699,696 x/y coordinates of center and width/height of rectangle (4)
# FlashPix Version = 0100
# Colour Space = sRGB (1)
# Image Width = 0 pixels
# Image Height = 0 pixels
# Image Sensing Method = one-chip color area sensor (2)
# Exposure Mode = auto exposure (0)
# White Balance = auto (0)
# Scene Capture Type = standard (0)
# Sharpness = hard (2)


と実は一杯入っていたりするわけですよ。

トラブルを起こさない人員削減&事業縮小の実務と対策トラブルを起こさない人員削減&事業縮小の実務と対策
販売元:日本実業出版社
発売日:2002-01
クチコミを見る